こんにちは。
千葉市若葉区の当ピアノ教室HPへようこそ(^^♪

合唱伴奏に初チャレンジするAちゃん(小4)をご紹介します。

「伴奏したいのでレッスンしてください」

⇓Aちゃん(小4)の真剣なまなざし

学校の先生に「やってくれない?」と打診され「ハイ!」と返事したAちゃん。

「伴奏したいのでレッスンしてください!」と申し出てくれました。

「大賛成よ!がんばろうね」

自分からやる気を出して取り組むAちゃんをサポートします!

コロナ禍で叶わなかった「音楽集会」「音楽発表会」などのイベントが、今年は感染予防しながら開催されています。

3年ぶりに歌声がリコーダーアンサンブルが学校に響き渡りますね(*^^*)

習い続けて叶う伴奏

「やりたい」と望んだとしても伴奏はピアノ経験がなければできません。

クラスメートや学年のみなさんのために、自分が役に立つ喜び。
幼い頃から続けてきたことをみなさんに認めてもらう喜び。
歌をピアノで支え、一度きりの音楽をつくる喜び。

伴奏は、とてもやりがいのある音楽経験です。

⇓Aちゃんが伴奏する合唱曲「大切なもの」

本番に間に合うよう、取りかかりやすい和音部分から譜読みを始めました。

Aちゃんは毎日しっかり計画どおりに練習しています。

「本番の日から逆算して練習する」大切な学びです。

「学校で弾く」

周囲の目はプレッシャーにもなります。
Aちゃんは「弾きたい気持ち」がプレッシャーを上回り、練習のモチベーションを上げています。

⇓「仕上げまでもう少しだね」と確かめてこの笑顔(^^)

真剣に取り組む毎日…
緊張を乗り越えての本番!

どちらもピアノの上達と大きな心の成長につながります。

本番を楽しめるようレッスンでサポートします。

中学校合唱コンクールの伴奏を♫

2年続けて中止となった「合唱コンクール」が今年は開催できそうです。

合唱コンクールの伴奏~レッスンしています♫

そろそろ自由曲を決める頃です。
課題曲の伴奏を引き受けようと、先生にいち早く楽譜をもらった中学生もいます(^^)v

中学生になるとピアノを習い続けている子は少ないです。

習った経験があっても、ひとりで本番まで練習して仕上げるのは大変です。

長く習い続けてきた当ピアノ教室の生徒のみなさんにとっては、大きなチャンス到来です!!

小学校時代は女子に出番を譲ってきた男子のみなさんもチャレンジしましょう!(^^)!

「男子が伴奏するとポイントあがるよね~」と女子の声…笑

以前聴きに行かれたお母さま方からも「○○くんの伴奏が素敵でした!」

「さあ、女子も男子も伴奏を引き受けて練習しましょう!」

当ピアノ教室は感染予防をしながら無料体験レッスンの方を大歓迎しています。

無料体験レッスン

詳しくはご遠慮なくお問い合わせください。
新入会の可能枠と予約についてのご案内

プレピアノレッスンってどんなレッスン?~Sちゃん(当時年長)

はじめが肝心~お子さんを「ピアノ嫌い」にしないレッスンの始め方