こんにちは。
千葉市若葉区の当ピアノ教室HPをご覧いただきありがとうございます。

今回は11月ご入会のCOちゃん(年長)の体験レッスンと初レッスンの様子をご紹介します。

⇓レッスンノート3種類の中から「これっ!」と即決してにっこり(^^♪

COちゃんは、少し緊張した表情で「こんにちは」とご挨拶してくれました。

緊張しますよね。
初めての場所、初めて会う大人ですから。

レッスンを体験

体に力を入れてジャンプ!!!
体の力を抜いてジャンプ!

体全体を使って音楽を感じるリトミックです。

COちゃんは私の動きを見ながら音楽を聴きながらぴったり合わせてジャンプできました。

「すご~い!ぴったり合わせられたね!」
笑顔でコクン!

リズムうち
ひざ打ち

これも力を入れて⇒力を抜いて 音楽に合わせて歌いながら行います。

「わぁ!真似できる!つぎもやってだいじょうぶ?」
「だいじょうぶ!!」

だんだんお返事の声が大きくなりました。

「おとなしくて人見知りします」と事前にお母さまよりうかがっていました。

「自宅練習は私がついてさせています」

このとき、KOちゃんは他のお教室でピアノを習っていました。

同じ年齢のお子さんのグループレッスン
4~5人の生徒さんに先生はひとり
進度のはやいお子さんに合わせる傾向
レッスンでお母さま方が曲を覚えて自宅でつきっきりで練習させる

「そうしないと娘がついていけなくなります」

KOちゃんのお母さまは平日フルタイムでお仕事されています。

保育園へ迎えに行き、帰宅後つきっきりで練習させる…

「大変でしたね。ひとりで練習できるようになりますよ」とお伝えしました。

保護者のみなさまにお願いするのは

「ピアノを練習する時間だよ」
「分からないところには、しるしを書いて先生にきいてね」
「今日も練習できたね」など

見守る
励ます
認める言葉かけです。

初レッスン

KOちゃんに発表会で演奏した曲をひいてもらいました。

楽譜は見ずに、手とキーを見て弾いてくれました。

「ひけるけど、おとはよめないの」
「そうなのね」

1の指(親指)のタッチが気になりました。

「KOちゃんの弾き方はこうね」~♪
「私はこうよ」~♪

「音色が違うの分かるかな?」
コクン!「いえないけどわかる…」

そうです!
幼児でも分かります!

聴く力は1歳から伸ばすことができます。
KOちゃんには1年間のレッスン経験でついた力があります。

⇓1の指のタッチポイント(ピアノに触れる場所)にペンでしるしをつけました。
「ここでひくの?」

リトミック要素をレッスンしながら「聴く・歌う・動く・見るの4つの力」を見極めていきます。

4つの力を同時に使って弾くと、美しく仕上げられ、音楽力をつけられます。

ひとりで練習できるように

⇓「だいじょうぶ!ひらがなもカタカナもかけるから」

右手で弾く音符のぼうは赤く
左手で弾く音符のぼうは青く

メロディーラインは茶色で

お家で思い出しながら練習に取り組むために、楽譜に手がかりの色を塗ります。

KOちゃんの場合は、すでに弾くレッスンを経験している状態からのスタートです。

音楽力を見極めながら、腕・手首・指の使い方も同時にレッスンします。

「ママ~きいて~きれいにひけるよ!」とKOちゃんの嬉しそうな声がお家に響くのを目指します。

 

 

お子さんの音楽力を育て、伸ばすピアノレッスンです。

「うちの子、音楽がすきみたい」
「いつも歌っておどっているな」

そのタイミングでレッスンを体験してください。

⇓お申し込みはこちらよりお願いいたします。
無料体験レッスン

⇓他のブログ記事もお読みいただけたら嬉しいです。
感受性ゆたかなKちゃん(年少)

Aちゃん(年長)の習い始め