こんにちは!
千葉市若葉区の当ピアノ教室のブログをお読みいただき、ありがとうございます。

季節のバトンが秋へと渡り、朝晩は空気がひんやりしていますね。
体を温めて元気に過ごしましょう♡

だれでも仲良くなれる楽器がピアノです

お子さんがピアノを弾いていると、親御さんは嬉しいですね。

だんだん上達している!
家の中に音楽があるのはいいなあ(^^)

親御さんの中には、子どもの頃ピアノを習った経験をお持ちの方が多いです。

「今はもう弾けないです」とか
「2~3年で辞めてしまったので」とか
「時々弾いてリフレッシュしています」とか、いろいろです。

ピアノは精巧につくられた鍵盤楽器で音色の豊かさが魅力です。
でも単純に、触れたら調律された音を鳴らせるのも魅力だと思うのです。

「ママにもその曲教えてくれる?」
「パパも弾いてみたいなあ」
お子さんはきっと喜んで自慢げに教えてくれると思います。

親御さんの共通の想い

ピアノ経験はそれぞれでも、お子さんに「ピアノを習わせよう」と決めた理由には共通の想いがあります。

「ピアノを弾けたら楽しいだろう。豊かだろう」という想いです。

先日、新入会のRくんのお母さまとお話ししたときのことです。

「ピアノのご経験はありますか?」
「はい、中学生まで習っていました」

「かなり弾けるところまで続けられたのですね」
「ええ、でも何のために習っていたのか分からないというか…」

「えっ!?楽しくなかったということですか?」
「先生がいつも不機嫌で怒っている印象でした。もっと練習して行けばよかったのでしょうが…」


頭がぐるぐるしました。
いつも不機嫌なピアノの先生?
何のために習っていたのか?

当教室を巣立っていったみなさんが、もしそう考えているとしたら、こんなに悲しく残念なことはありません(T_T)

毎週レッスンに通う女の子…Rくんのお母さまは、ピアノの魅力を感じていたのでしょう。
ですから真面目に通い続けたのでしょう。

そして年月を経て「我が子にピアノを」と考え当教室を見つけてくださいました。

ピアノを習ったけれど続けられなかった方の中には、先生とよい関係になれなかった方が多いのかもしれません。

「ピアノを習ってよかった!」

生徒さんにも親御さんにもそう思っていただけるように、今回のお話を心に刻みます。

経験の有無にかかわらず、どうぞピアノに触れてください。
ピアノはお子さんだけのものではないです。

ピアノの蓋を開けて触れてみてください。
「ポロン♪」

「音楽の魔法」できっとご家庭が明るくなります(*^^*)

Rくんは昔お母さまが使っていたピアノを弾いています。
久しぶりに音を鳴らしてもらって、ピアノはきっと喜んでいますね。

そして、母となった昔の友だちが弾いてくれるのを待っている…
私はそんな想像をしています。

Rくんはレッスン終わりに「今日も楽しかった~」と言ってくれます。
生徒さんも親御さんも私も笑顔になるレッスン♫

さあ、今日もみなさんを楽しみにお待ちします!!

10月31日の発表会に向けて進んでいます。
コロナ禍の発表会~ホールで生の音楽を体感しましょう♫

11月より新入会が可能です。
新入会の可能枠と予約についてのご案内

ご興味のある方はHPをお読みください。
教室方針
レッスン案内

無料体験レッスンを受けてご検討ください。
無料体験レッスン
感染予防対策について